モビットを利用する際はネット上からでもお申し込みが可能となっていますが、ネットを利用する場合にはさらに2通りの方法が用意されています。

具体的にはモビットのカードを申し込むといった方法と、WEB完結を利用して申し込むといった方法です。

前者の場合は、モビット側で指定された最低限の項目について答えていき、それ以外の項目に関しては電話で行なうといったこともできます。

普段からあまりパソコンを使わず、キーボード操作が得意でない方であれば、こちらの方法が便利です。

その後は本人を確認できる書類を送付することとなっており、モビットでは運転免許証、パスポート、社会保険証等といった書類を利用することができますので、これらのうちいずれかの書類をご用意ください。

書類が用意できたら、それをメール、FAX或いは自宅に届いた書類に貼り付けてモビットに返信することで審査を受けることができます。

そして、その審査の合格後にモビットから届いた契約書類を送付することによって、契約完了となります。

ただ、この方法だと電話で話さなければならない、書類を送付しなければならないといったように多少時間がかかってしまうということも覚悟しなければなりません。

一方、後者の場合は、お申し込みに始まりキャッシングを行なえるようになるまでの工程を全てネット上で済ませられるというメリットがあります。

つまり、電話がかかってくることも、書類を送付することもないのです。

利用するには三菱東京UFJ銀行か、三井住友銀行の口座の開設が必要となりますが、それでも口座への振り込みによるキャッシングであるということから、早くお金を受け取ることができるので、その他の方法と比較してもはるかに便利であるのは間違いありません。

【モビットでキャッシングが可能な上限金額を上げるには?】

モビットではお申し込みをした段階で、利用者毎に1万円から500万円の範囲内でキャッシングが可能な上限金額が決められます。

ただ、長く利用していく中でお申し込み時に決められた上限金額では足りなくなる場合もあるでしょう。

そのような際には、モビットでは電話をすることで上限金額を上げることができるとはされていますが、必ずしもできるというものでもありません。

できない場合というのは、そのお申し込みをした時点でモビットにて年収の3分の1を超えるキャッシングを行なってしまっている場合等です。

これは、モビットでは総量規制が適用されているためであり、モビット側としてもそのような貸出を行なうと法律で罰せられてしまうのです。

だからといって自身の年収を誤魔化すのだけは避けなければなりません。

なぜなら、モビット側ではすぐにそれが嘘だと分かり、その上、モビットからの信用も失くしてしまうからです。

このようにモビットでは総量規制が適用されるといった点から、上限金額を上げることができてもそれほど大きな金額とはならないことも考えられます。

大きな金額のキャッシングを行ないたい場合は、総量規制が適用されない銀行を利用するとよいでしょう。

銀行で総量規制が適用されないのは、貸金業法ではなく、銀行法に則って業務が行われているからです。