「友人の結婚式に呼ばれた」「家族が入院することになった」「不意な事故で急な費用が必要になった」など、
日々生活をしている中で、今すぐお金が必要になるなんてこともあるかと思います
時にはそんな急な出費が、ボーナスやお給料日までまだ日がある時に発生することもあります。
そこで大いに役立つのが即日融資が可能なキャッシングサービスです。
キャッシングには「カードローン」「クレジットカードの借り入れ枠内での借り入れ」などありますが、比較的にはカードローンの利率の方が借りる側として有利なことも多いようで利用される方も増えています。
借入方法も、主に銀行やコンビニのATMでできますので、「何かあった時のために」と今すぐ必要でなくてもカードだけ発行している方もいらっしゃるようです。
また、クレジットカードの審査には時間がかかったりするのに対し、カードローンの審査にはさほど時間がかからないというのもメリットとして挙げられます。
そんなカードローンも、最近では更に利便性が向上しており、「即日融資」を可能としている会社も多くなりました。
申込をして審査を通過すれば、その日のうちに融資を受けられるのです。
急な出費や不意の費用が発生するような場合、即日融資が可能かどうかはカードローンを申し込む際の検討材料として重要になります。

【最近のカードローン事情】

銀行系のカードローンですが、貸し倒れのリスク回避のために比較的審査は厳しめと言われています。
対して消費者金融はどうでしょうか。
消費者金融の場合、多少審査に融通が利いていると言われているのですが、その代わり、銀行系のカードローンと比べると金利が少々高めに設定されていることが多いのも事実です。
では、それらは融資額に影響するのでしょうか。
消費者金融の場合、上記のとおり高めの金利が設定されている事がありますが、利益を確保しなければいけないという事から金利も高めに設定されているとも言えます。
逆に、審査に慎重な銀行系カードローンはといえば、審査が通れば高めの限度額で融資を受けることが可能なのです。信用さえ得られれば多くお金を融資してくれるというのが銀行系カードローンの特徴です。
ただ、ここまでは一般論で、最近では銀行系カードローンと消費者金融の違いも徐々になくなってきています。
今回の話にもあった、金利や借入の限度額が各社の間で大きな差がなくなってきているのです。
こんな状況では消費者金融も不利な立場になりますので、各社で顧客取り込みのために「WEBで申込」「即日融資」などを謳い文句にしていることが多くなり、結果、消費者金融を選ぶ人も多くなってきたのです。
昔と違って、「借金」という事にマイナスイメージも薄くなり、カードローンのカードを1枚くらい持っているのももはや普通の事になりました。
実際に借り入れるかどうかは別としても、万一の際にすぐに借り入れができるように、1社くらいは申込をしてみることをオススメします。