銀行でお金を借りると聞くと、「ウン千万」「ウン百万」という金額を想像される方も多いかと思います。
確かに銀行では「住宅ローン」や「車購入の為のローン」、「事業者への融資」などの融資を行っていますので、どうしても個人融資といったイメージは薄いかもしれません。
ただ、昨今では新たなキャッシングのジャンルとして、「銀行系カードローン」という個人への融資が可能になっているのをご存知でしょうか。
「消費者金融からの借り入れ」という事に関して抵抗を感じている方もいらっしゃるかと思いますが、こういった「銀行からの借り入れ」という事であれば抵抗感も和らぐかと思いますので、オススメのカードローンです。
また、急な出費の予定が発生した時、「銀行だと手続きに時間がかかりそう」と思われる方も多いようで、結局は消費者金融を選ばれる方も多いようなのですが、実は銀行系カードローンでも「即日融資」をしてくれるところが増えてきたのも事実です。
これは顧客取り込みのために「即日融資」「WEB申込」などの気軽に申し込みができるサービスを、消費者金融各社が展開し始めたのを背景に、銀行のカードローンも同様のサービスを行うようになったという背景があるのです。

【注意が必要な即日融資の申し込みと利用】

「急にお金が必要になっちゃった!」
こんな一大事に「即日融資」は非常に便利で助かるサービスです。
即日融資の主な利点は「来店申込不要」「WEB申込」といった事が挙げられます。
つまり、スマホやPCからのインターネット経由で、申込から契約書類のやり取りまでができるのです。
ただ、審査の結果が心配であったり、とにかく早急な融資を希望される方の中には「複数社に同時に申し込み」という事を検討される方もいらっしゃるかもしれませんが、これはやめておいた方が無難です。
これはお金を貸す側にとってはマイナスイメージとなるからです。
消費者金融など金融機関は、審査の際に個人信用情報を紹介するのですが、そこには申込履歴なども記載されています。お金を貸す側にしてみれば、個人が複数社に申し込みをしているのが分かった時点で「そんなにお金に困ってるのか。貸しても返済できるのかな。」という風に思われる可能性があるのです。
消費者金融などの金融機関も、お金を貸して利息を貰う事を生業としていますので、返せなさそうな人にお金は貸してくれないのです。
また、「審査が緩そう」「すぐに借りられそう」などの理由で、聞いたことのない会社から借入をするのもお勧めできません。
やはり信用していいのは大手の消費者金融です。
聞いたことのない会社の謳い文句にはよく「ブラックOK」「電話一本即時融資」といったようなものがありますが、通常の融資方法としては考えづらい貸付条件ですので、危険だという事ができます。
一刻も早く融資を受けたいこともあるかもしれませんが、どんな会社なのかという事は事前に調べてから利用しましょう。